和菓子

鶴屋吉信の羊羹のカロリーは?糖質もどのくらいあるのかチェック!

京都の老舗の和菓子店、鶴屋吉信にはさまざまな和菓子がそろいます。江戸時代から続く歴史ある名店ですが、近年の時代の流れもしっかりと反映し、まるで洋菓子と見紛うような可愛らしくカラフルな和菓子もスタンバイ。インスタ映え対策も万全です。

それでもやっぱり老舗ならではの上質な日本の定番のお菓子も捨てがたいもの。ここでは鶴屋吉信の羊羹についてご紹介します。気になるカロリーや糖質などもチェックしてみました。

スポンサーリンク

鶴屋吉信の羊羹をご紹介!

羊羹といえば和菓子の王様的な存在ですね。和菓子の名店である鶴屋吉信にももちろん羊羹はラインナップされています。


鶴屋吉信 鶴屋吉信ようかん(14本入)

鶴屋吉信の羊羹のラインナップは、大きく分けて2種類。棹状の羊羹の「相傳極上御羊羹」と食べきりサイズの「鶴屋吉信ようかん」の2種類です。

「相傳極上御羊羹」は極上の厳選された素材を使用した最高級の羊羹で、竹の皮で包まれた豪華なしつらえです。格調高く、目上の方への贈り物などにも適していますね。贅沢に丹波大納言小豆を使用した「小倉羊羹」と備中白小豆、白いんげん豆を使用しあっさりとした仕上がりの「練羊羹」、高品質の宇治抹茶使用した「挽茶羊羹」の3種類のお味がそろいます。

「鶴屋吉信ようかん」はカットせずにそのまま封を開けて食べられる、小型の羊羹です。伝統の和菓子である羊羹を気軽に楽しむことができますね。「小倉」「抹茶」「黒糖」「白小豆」「キャラメル」の5種類の味がラインナップされています。

スポンサーリンク

鶴屋吉信の羊羹のカロリー&糖質は?


鶴屋吉信 鶴屋吉信ようかん(5本入)

和菓子は洋菓子よりもヘルシーというイメージがありますが、羊羹は糖度が高く和菓子の中では高カロリーだといわれています。カロリーや糖質は気になるところですよね。さっそくチェックしてみましょう。

相傳極上御羊羹(1本500g、カロリーや糖質は100gあたりの値)

小倉羊羹・・・264kcal、糖質60.8g
練羊羹・・・261kcal、糖質61.5g
挽茶羊羹・・・255kcal、糖質60.3g

鶴屋吉信ようかん(1本45g、カロリーや糖質は1本あたりの値)

小倉・・・131kcal、糖質30.2g
抹茶・・・124kcal、糖質29.0g
黒糖・・・124kcal、糖質28.9g
白小豆・・・124kcal、糖質28.5g
キャラメル・・・126kcal、糖質29.5g

「相傳極上御羊羹」は100gの値ですが、棹の羊羹をいただく際には大体一切れ50g前後にカットすることがほとんどですので実際の一食分はこの値の半分程度と考えてください。そうすると「相傳極上御羊羹」の一食分は「鶴屋吉信ようかん」と似たような数値になります。

まとめ

洋菓子の一食分、例えばショートケーキ一切れ(約110g)だとカロリーは360kcal、糖質は43g程。一食分としてはカロリーも糖質も羊羹の数値が下回っていますが、ショートケーキも50gで考えてみると糖質は羊羹の数値が高くなります。

とはいえショートケーキ50gだと食べた気がしませんし現実的なサイズではありません。羊羹は50g程度でもしっかりと食べ応えがあるので、洋菓子よりもヘルシーだといえると思いますが、糖質は実はそれほど低くはないことを気に留めておいたほうがよさそうです。

鶴屋吉信の羊羹が美味しいからといってあまり一気に食べ過ぎないように気をつけましょう!

■参考サイト
https://www.tsuruyayoshinobu.jp/shop/
https://www.pockettoushituryou.com/foods/search_t?kind_id=23&type_id=3

スポンサーリンク

-和菓子