フルーツ

休日の朝ゆっくりできる時に堪能したいフルーツ5選

2016/12/19

breakfast-1835478_640

平日って仕事や子供達を学校へ送り出したりするのにバタバタ。優雅にフルーツを食べる余裕ってあまりありませんよね。朝ごはんに時間をかけられる人ってそう多くないと思います。だからこそ、休日にはゆっくりフルーツを食べる習慣をつけてみませんか?

スポンサーリンク

 

休日の朝はゆっくりフルーツを堪能しよう

私が子供の頃は、おやつの時間や夕飯の後のデザートに食べる事が多かったですが、そもそもフルーツっていつ食べるものなのでしょうか?

答えは

ヨーロッパではことわざに「朝のくだものは金 昼は銀 夜は銅」という言葉があるくらいなんです。フルーツの果糖は、よりスピーディに消化され、効率のいいエネルギー源となります。活動をする朝にまさにもってこいです。

平日の朝になかなかフルーツを食べる時間がないという方は、休日の朝だけでも朝食にとりいれてみるといいですよ。

 

フルーツは私達にとってメリットいっぱい

フルーツには私達の体に必要な、食物酵素、水分、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。またフルーツに含まれるカリウムはむくみに効果があります。

排泄作用のあるフルーツを摂取する事はダイエットや美容にもつながってきます。

風邪で寝込んだ時などにフルーツが美味しいのは、こういった栄養素を体が欲しているためです。病気の治り方も早くなります。

 

休日の朝にゆっくり堪能したいフルーツ5選

ここでは朝、ゆっくり食べたいフルーツを5つご紹介いたします。

 

1.キウイ

1個食べれは1日のビタミンC量の7割を摂取できます。抗酸化作用もあるため老化を抑える期待もできます。

2.りんご

くせなく食べやすいりんご、脂肪吸収する抑える作用があるため内臓脂肪がつきにくくなります。

3.いちご

冬の楽しみのいちごはとても低カロリーで1粒約15キロカロリー。ダイエット中の方にもおススメです。

4.柿

柿を食べていれば風邪ひかない!なんて言葉があるくらいビタミンたっぷりの柿。この時期一番のおススメです。

5.バナナ

簡単に食べられるバナナ。1本約90カロリーとカロリーは少なくないですが、腹持ちがよく食物繊維たっぷりなので、便秘に効果的です。

 

旬のフルーツだと手に入れやすいのでそう言ったものを上手に取り入れていくといいですね。

 

まとめ

・休みの朝だからこそ、ゆっくりフルーツを食べて心と体をリフレッシュ

・旬のフルーツが値段お手ごろで栄養価も高い

 

関連記事

クラブハリエのバームクーヘンが気になるので口コミや評判をひたすら調べてみた

家族には内緒!主婦が一人自宅で堪能するプチ贅沢スイーツはこれ

子供にバレない贅沢スイーツのおすすめ隠し場所3選

スポンサーリンク

-フルーツ