工場見学

グリコ工業見学(埼玉)の予約方法や入場料金を確認!駐車場や営業時間も見てみた

2017/09/21

caramel-2201902_640

大人から子供まで大好きなグリコ。でも食べるだけじゃない楽しみ方もあるんです。それが食べて美味しい、学んで楽しいグリコの工場見学です。ここではグリコ埼玉工場の予約方法や入場料金を見ていきます。子供だけでなく土日休みの大人にもぜひ楽しんでいただきたいスポットです。

ではどんな見学コースなのかちょっとご紹介しましょう♪

スポンサーリンク

 

グリコの工場でポッキー見学!トイレも楽しい

普段コンビニやスーパーで何気なく買っているポッキーやプリッツがどうやって作られているのかが見られるのは子供でなくても興味ありますよね。

埼玉県にあるグリコの埼玉工場「グリコピア・イースト」ではポッキーとプリッツの製造ラインを見学する事が出来ます。

金曜日と盆休み、年末年始、製造ラインのメンテナンス日以外は基本見学可能となっていますが、完全予約制となっています。工場に予約なしで行っても中には入れないので要注意です。

創業者の江崎利一氏の半生とチョコレート製造工程について学べるカレッジホール、グリコの歴代のおまけが大集合したオモチャ展示ミュージアム、クイズツアーが楽しめちゃうスタジアムホール、唯一写真撮影が許されているフォトスタジオゾーンではGLAYとのコラボギターも展示されていたりと見所満載です。

歴代のおまけなんか見てたら、ホント童心にかえってしまいます。

トイレの案内表示もグリコのマークのようにバンザイしていたりと、細部にまで面白いネタが仕込まれているで、まるで宝探しにでもきたかのような楽しさも味わえます。

 

入場料金は無料!ミニファクトリーは500円

完全予約制ではあるけれど嬉しいのは入場料金が無料だという事。

無料で工場見学が出来て美味しい試食や子供時代を振り返れるオモチャを見る以外に、希望者だけが体験できるミニファクトリーもあります。

ただ、これは受付終了後にミニファクトリーでの体験希望者を聞かれるのですが、定員20名と狭き門なので素早く挙手したいものです。

有料といっても価格は一人たったの500円!

デコポッキーが作れて、しかも専用の箱に入れてくれるからお土産にも良いですね。

ハサミなどの利用があるため小学生低学年以下の方は利用できないこともあるようです。また15名以上の団体の場合も利用できません。

およそ70分の工場見学が終わるとお土産に限定ポッキーとポッキー風船が頂けます。工場から出ると敷地内にある売店でグリコ製品や限定商品を購入する事もできるので、お土産の心配はいりませんよ!

スポンサーリンク

 

営業時間や予約方法を見てみた!駐車場もチェック

気になる営業時間ですが、9:30〜16:00となっていますので、予約した時間よりも15分程早くに工場に付いて受付を済ませてくださいね。

やはり集団行動となるので、時間厳守で行動するように心がけたいですね。

予約方法は至って簡単です。グリコピアイーストのサイトを開くと画面下に「グリコピア・イースト ご予約・お問い合わせ 一般 団体・福祉」の文字があるので、該当する方ををクリックしてください。団体や福祉関係者の予約の場合は要電話連絡となります。

「一般」をクリックすると施設カレンダーで空き状況を確認する事が出来るので、ネットで予約をするなら希望日をクリックして専用フォームを入力します。電話で予約する時は、カレンダーを開いた状態で電話する方が良いかと思います。

埼玉工場へのアクセス方法ですが、車で行くなら圏央道(首都圏中央連絡自動車道)桶川加納ICより車で約10分となります。

駐車場は乗用車40台、大型バス5台のスペースがあります。予約の段階で車で行くかどうかをチェックしてくれます。

電車で行くならJR新宿駅から約45分(JR湘南新宿ライン高崎線直通)もしくはJR上野駅から約45分(JR高崎線)で北本駅下車。駅からはバスもしくはタクシーで工場まで向かう事になります。

公式サイトではバスの時刻表も見る事ができますよ。

 

まとめ

・入場料無料で完全予約制

・駐車場あり(40台)

・予約時に車で行くことを伝えておく

参照:グリコピア・イースト公式サイト

 

関連記事

グリコ工業見学(神戸)の予約方法や料金を見てみた!駐車場や営業時間もチェック

グリコ工業見学(千葉野田)の予約方法や料金を見てみた!駐車場や営業時間も確認

アオハタジャム工場見学(広島竹原)の予約方法や値段をチェック!駐車場も確認

スポンサーリンク

-工場見学