アイス

ハーゲンダッツ抹茶(グリーンティー)の産地やカロリーと美味しい秘密を調査

2016/11/26

tea-leaves-139617_640

ハーゲンダッツの定番、抹茶味のグリーンティー。これはホント、日本人でよかったな~と思う美味しさです。この美味しい抹茶はどこが産地なんでしょうか?美味しさと同時にカロリーも気になるところでもあります。

と言う事で抹茶の産地やカロリー、美味しさの秘密について見ていきたいと思います。投入されたこだわりを知ると、さらにハーゲンダッツグリーンティーが大好きになりますよ。ではハーゲンダッツグリーンティーへの世界へ。

 

ハーゲンダッツグリーンティーの抹茶のこだわりがスゴイ!

甘みとコクを兼ね備えたうえに、あの絶妙な苦味と渋みがハーゲンダッツグリーンティーの持ち味なのですが、そのこだわりが凄いんです。

 

・構想に7年かけたハーゲンダッツオリジナル茶葉使用

・その年の新芽だけを摘み取った一番茶がベース

・程よい苦味と渋みをくわえるために二番茶をアクセントに使用

・抹茶に光と熱は禁物!熱をかけないために石臼でゆっくり茶葉を挽く

・石臼1台で1時間数十グラムしか挽けない

・光を嫌うので暗闇で挽いている

・挽き終わった抹茶はアイスクリームに混ぜるまで開封しない

 

このこだわりがグリーンティーの美味しさの秘密なんですね。

ハーゲンダッツの公式サイトを文末に載せていますので参考にされてくださいね。

 

原材料もシンプルで添加物の心配も無い!

ハーゲンダッツグリーンティーの原材料名をみてみると

 

クリーム、脱脂濃縮乳、砂糖、卵黄、まっ茶、(原材料の一部に卵白を含む )

 

といたってシンプル。一般的な他製品と比べてもその差は歴然です。

クリーム、脱脂濃縮乳とありますがこれはなんでしょうか?

ク リームとは生乳(乳牛から搾ったままの何も手を加えていない乳)から取り出した乳脂肪分で、いわゆる「生クリーム」のことです。脱脂濃縮乳とは生乳から脂 肪分を取り除いて濃縮したものです。生乳や牛乳をそのまま原料にしてアイスクリームを作っても、水分が多過ぎて薄くなり、おいしくありません。ハーゲン ダッツはクリームと脱脂濃縮乳をたっぷり使用することにより、その独特の濃厚な味わいを実現しているのです。

出典:http://www.haagen-dazs.co.jp/contact_qa/faq/products.html

どちらも生乳由来で、生乳から取り出した乳脂肪分(生クリーム)と乳脂肪分を取り出した後の液を濃縮したもの。

昨今、添加物を気にすると何も食べれなくなるんじゃないかと思うくらいに、様々な食べ物に使われていることを考えると、ハーゲンダッツグリーンティーは安心して食べられる数少ない市販のお菓子の1つといえます。

さすが、高いだけはあります。美味しさの秘密はここにもありましたね。

 

ハーゲンダッツグリーンティーの抹茶は西尾の抹茶か?

ネット上を見てみるとハーゲンダッツグリーンティーに使用されている抹茶は愛知県、西尾の抹茶であるとの情報が多数見受けられます。

企業の取引先情報なので、ハーゲンダッツの公式サイトにも名前が挙がっているお茶屋さんの公式サイトにも明記はされていません。なので決定打にかけるのですが、あながち見当はずれでもなさそうです。

「西尾の抹茶」は「愛知県西尾市・安城市・幡豆郡吉良町で生産された茶葉を同地域においててん茶加工・仕上げ精製し、茶臼挽(ひ)きした抹茶」です。

出典:http://www.nishionomattya.jp/chiikibrand/index.html

碾茶(てんちゃ)は抹茶の原料で、これらの地域でとれる茶葉は全国生産量の30%をしめるほどです。ちなみに隣接する岡崎市は茶臼のとなる御影石の産地です。食品加工用抹茶の先駆け的な性格を持ちあわせていて、現在、「西尾の抹茶」の90%が食品加工用に利用されているんです。

全国的に静岡茶や宇治茶、八女茶などに比べ、知名度が低かったのですが、特許庁の地域ブランドを利用し、抹茶に特化したブランド化に成功しています。これ以降知名度を上げていき、観光客の誘致や企業との取引を進めているようです。

この地域の中学生、茶摘の時期になると地場産業の振興と勤労体験という目的のもと、全校総出で茶摘を行なっていて、おまけに全校茶会なんておしゃれな事もやっています。いいですよね~。「茶摘で誰が一番摘めるか?」みたいなこともやっているらしいです。こういうことから子供を育てていくというのはとても大切な事だと思います。

 

カロリーは239kcal!ご飯だとお茶碗1杯半ぐらい

ハーゲンダッツグリーンティーのカロリーはミニカップ1個分(容量110ml)で239kcalです。

 

「239kcalってどのくらいなの?」

と数字だけ言われてもピンときませんね。

 

ご飯100グラムが168kcalで中茶碗1杯が大体140グラムなので、239kcalだと、大体中茶碗にご飯1杯分と同じカロリーになります。

食パンだと100グラム264kcalです。一斤が400グラムのものだと4枚切りの食パン1枚に相当します。5枚切りだと211kcalです。

食パンに換算するとハーゲンダッツグリーンティーのカロリーは5枚切り食パン(1斤400グラムの場合)を1枚強の量に該当します。

ちなみにカップラーメンを見てみると、日清食品の「カップヌードル」(77グラム)で364kcalです。

濃厚ですからね。あの量でこのカロリーはちゃっと高めです。

 

まとめ

・ハーゲンダッツグリーンティーのカロリーはミニカップ110mlで239kcal

・お茶碗1杯半強の量と大体同じカロリー

・茶葉のこだわりと原材料に美味しさの秘密が隠されている

・原材料の抹茶は愛知県の「西尾の抹茶」といわれている

 

・ハーゲンダッツ公式サイト

http://www.haagen-dazs.co.jp/special/essence/green-tea/

http://www.haagen-dazs.co.jp/products/minicup/green-tea.html

・「西尾の抹茶」

http://www.nishionomattya.jp/index.html

・食品カロリー

http://www.eiyoukeisan.com/calorie/gramphoto/index_gram.html

 

 

スポンサーリンク

-アイス