アイス

ハーゲンダッツの名前の由来や意味!賞味期限は一体いつまで?

2016/11/25

ice-cream-966597_640

ハーゲンダッツは今やプチ贅沢の代名詞といえる高級アイス。濃厚な味やクリーミーや食感でファンの心をわし掴みにしている同社の名前の由来や意味って改めて聞かれると意外と分からなかったりしますよね?

あとは賞味期限は一体いつまで大丈夫なのかとか、ふと考えてみると知らないことが沢山あったりします。

そこで、今回は普段あまり意識することはないけど、気になったら凄く知りたくなる豆知識をご紹介していきましょう。

ハーゲンダッツはどこで生まれたの?

ハーゲンダッツは一体どこで生まれたのか?名前の響きからしてアメリカかな?という気がしますが、今回しっかりと調べてみましょう。

公式ホームページに下記の通り解説されていました。

ハーゲンダッツアイスクリームは、創始者ルーベン・マタスによって、1961年にアメリカで生まれました。

今から50年以上前にアメリカで生まれたアイスクリームだったのですね。

ルーベン・マタス氏はこれまでのアイスクリームの常識を覆して大人向けのアイスとしてハーゲンダッツを展開して成功を収めました。

ちなみに、日本に初上陸したのは発売から23年後の1984年だそうですよ。

 

ハーゲンダッツの名前の由来や意味とは?

ハーゲンダッツという名前は一体どのような由来や意味が込められているのか?

あまり普段の生活ではこのアイスブランド以外は聞く機会がないのですが、造語か何かなのでしょうか?これも公式ホームページにその答えがありました。

ハーゲンダッツという言葉は造語であり、それ本来の意味はありません。
創始者ルーベン・マタスによって、名づけられました。高品質なミルクをイメージさせる北欧の都市"コペンハーゲン"とそれに響きのあう"ダッツ"という言葉(意味はありません)を組み合わせました。

あーやっぱり造語だったのですね!

「ハーゲン」に「ダッツ」とは、よく組み合わせたなぁ。ルーベン・マタス氏はこの他にどんな造語の組み合わせを考えていたのだろう?きっと何十個も考えて組み合わせて、声に出して、人に聞いて反応をみて、考えに考えて生み出した言葉なのでしょうね。

いや、もしかしたらトイレとかお風呂とかでパッと思い浮かんだ「ダッツ」をあまり深く考えずに組み合わせたのかも。

あなたはどっちだったと思いますか?こういうのを想像しながらハーゲンダッツのアイスを食べてみるとまた新しい感覚で楽しめるかもしれませんよ。

 

ハーゲンダッツの賞味期限はあるの?

いつも気になるのですが、ハーゲンダッツのアイスクリームには賞味期限はあるのでしょうか?

一般的に冷凍保存されている食材は長く保存が効きますが、ハーゲンダッツは独自の基準をもうけているかもしれませんので調べてみます。

ハーゲンダッツアイスクリームは賞味期限を記載していません。
-18℃以下で保存されていれば、保管期間の長さによる品質変化は極めて少ないからです。

なるほど。ただやはり品質の劣化が起きないレベルで保存することが大前提なんですね。その辺りは質にこだわるハーゲンダッツらしい回答と感じます。

ちなみに、-18度は一般的な冷凍庫であれば問題なく維持できるそうなので、スーパーやコンビニで購入したら速やかに冷凍庫に保管しておきましょう。後は、開閉などで温度が上昇してしまわないように短期間で出し入れをするように注意すればかなりの期間保存が効くというわけです。

 

まとめ

アイスクリームは一旦溶けてしまうと、その後凍らせてもヒートショックといわれる現象が発生して食感がジャリジャリしてしまうそうなんです。

ハーゲンダッツのアイスクリームがジャリジャリしていたら、興ざめですよね。なので、しっかりと冷凍庫で保存して、食べたい時にあのクリーミーな食感全開な状態でお召し上がり下さいね。

 

※いずれも引用元はハーゲンダッツ公式Q&A集より

スポンサーリンク

-アイス