チョコレート

【生チョコパイ専門店】ラペーシュの販売期間や値段をチェック!日持ちはどれくらい?

京王百貨店新宿店に、期間限定でオープンした“生”チョコパイ専門店。一つ一つが丁寧に作られた贅沢なチョコパイに夏季数量限定で「生チョコパイ<ラ・ペーシュ>」が登場しました。白桃とマンゴーがふんだんに使われた生チョコパイの販売期間や値段、日持ちについてまとめます。

スポンサーリンク

白桃とマンゴーの生チョコパイが美味しそう!

 


「Toshi Yoroizuka」のオーナーシェフで人気パティシエの鎧塚俊彦さんが監修し作成したレシピは一つ一つが贅沢な仕上がり。

今までに発売されている生チョコパイは<フレジェ〜苺とピスタチオ〜><エチオピアモカ〜珈琲とマカダミア〜>など主役が二つかけ合わせられる作りになっています。

今回発売の<ラ・ペーシュ>でも白桃とマンゴーという瑞々しく爽やかな組み合わせが夏らしい一品となっています。

白桃果肉を使った商品はチョコパイ史上初となっており、白桃の甘みをしっかり染み込ませた濃厚な生地、とろとろ煮込んだアルフォンソマンゴーソース、みずみずしい白桃果肉、やさしい酸味がさわやかな白桃クリームというスペシャルなレシピに期待が高まりますね!

参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000956.000002360.html

販売期間はどれくらい?1日100個の限定販売

「生チョコパイ<ラ・ペーシュ>」は2018年6月25日(月)から1日100個限定で発売されています。

夏季数量限定販売という情報はありますが、具体的な販売期間については告知されていないため早めに購入する必要がありますね。

生チョコパイ専門店は2018年4月19日から1年間限定でのオープンになるため、夏季限定商品ともなるとまさに一期一会になりそうです。

スポンサーリンク

値段や消費期限をチェック!日持ちはどれくらい?

気になる価格ですが、1個で560円(税込)とデザートにしてはお手頃なお値段設定となっています。

本格的で厳選した素材を楽しむために、消費期限は2日と短めになっています。

購入直後は冷凍状態となっており、持ち歩きの時間を含めて冷蔵庫で3時間程度解凍する必要があるようです。解凍後は夏場なので衛生面から見ても早めに食べた方が安全かもしれません。

 

まとめ

・“生”チョコパイ専門店 京王百貨店新宿店 中地階菓子売場にて販売

・“生”チョコパイ<ラ・ペーシュ>は2018年6月25日(月)から発売

・価格560円(税込)(1日100個限定)

・消費期限2日

・販売期間は夏季期間(具体的な期間は未定)

参考:“生”チョコパイ専門店公式サイト

関連記事

凍らせて美味しいお菓子やフルーツは?私的おすすめランキングはコレ

スポンサーリンク

-チョコレート