和菓子

鶴屋吉信本店への行き方は?アクセス方法や営業時間などを調べてみた

スイーツは人生の必需品、そういう方は決して少なくないはずだと思います。女性はもちろん、近年では「スイーツ男子」も増えている傾向にあるとか。スイーツを愛する方にとって、スイーツは生活から切り離せないものであることは間違いありません。

スイーツはさまざまな種類があり目移りしてしまうほどですが、日本人であればやはり和菓子にも精通しておきたいもの。日本が誇る和菓子を楽しんでみるのはもちろん、和菓子の世界そのものを堪能してみてはいかがでしょうか。

そこで今回は和菓子の老舗、鶴屋吉信の本店へのアクセス、行き方や営業時間などをご紹介します。和菓子の世界の旅へ、いざ出発!

スポンサーリンク

鶴屋吉信ってどんなお店?


〈鶴屋吉信〉つばらつばらTBR10[A]glm【RCP】_Y110831000012_0_0_0

1803年、今から遡ること200年以上前に京都の地で創業した鶴屋吉信。江戸時代から現在に至るまで多くの人に愛される和菓子を作り続けてきました。

鶴屋吉信を代表する銘菓は香り高い柚とやわらかな求肥を組み合わせた「柚餅」や、餅粉を使用してもっちりしっとり焼き上げた皮で厳選した小倉餡を包み込んだ「つばらつばら」などが挙げられるでしょう。

また季節限定の羊羹の美しさは有名です。SNSにも多数の投稿が見られるなど、世代を超えて愛されていることがわかりますね。

スポンサーリンク

鶴屋吉信本店へのアクセス、営業時間などを紹介


<鶴屋吉信>京観世(個包装)・柚餅(個包装)詰合せ *

鶴屋吉信の本店は京都、西陣の地にあります。西陣織で有名なこの地域は古き良き京都の趣が残る街。鶴屋吉信の本店はその街並みに溶け込む京都の伝統的な建物、「町家」の様式を活かした数寄屋建築となっています。

最寄り駅は京都市営地下鉄烏丸線今出川駅。駅から少し離れているので10分程度歩くことになりますが、西陣の街並みを眺めながら歩けばそれほど距離は感じないでしょう。

今出川駅の4番出口を出て今出川通りをまっすぐに進みます。上京区役所前を通り過ぎ、ずっとまっすぐ今出川通を歩いてください。白峯神宮の前を通過したら、次の堀川今出川交差点を渡ります。

交差点を渡って右手の2件目の建物、それが鶴屋吉信本店です。

営業時間は1階の店舗は9:00~18:00、2階のお休み処(茶寮)と和菓子体験ができる「菓遊茶屋」は9:30~18:00(ラストオーダー17:30)となっています。

2階は毎週水曜定休(祝日を除く)ですが、1階は水曜不定休となっています。ちなみに2019年内の1階の定休日は5/29、6/5、6/12、10/2、10/16(いずれも水曜日)の予定です。(2019年4月28日現在)

まとめ

今出川駅から鶴屋吉信の本店まではまっすぐ道なりに行けば大丈夫なのでほとんど迷うことはありません。土地鑑のない方も安心してください。

1階のショップで思う存分和菓子ショッピングを楽しむのも良し、2階で本店の雰囲気を楽しみながらお菓子とお抹茶を頂くのも良し。思い思いの方法で鶴屋吉信本店の魅力を味わってみてください!

参考:tsuruyayoshinobu

関連記事

鶴屋吉信の羊羹のカロリーは?糖質もどのくらいあるのかチェック!

鶴屋吉信のつばらつばらのカロリーと糖質をチェック!

鶴屋吉信の羊羹の口コミをチェック!老舗羊羹のお味の評判は?

スポンサーリンク

-和菓子